カラフルシンフォニーエアプ考察①

こんにちは。たけるです。

今回はサークル内で行われる合宿大会であるところのカラフルシンフォニーを考察します。

まあ少なくとも僕はこう考えている程度なので参考にするしないは任せます。

つまり別に公式のインターネット大会でもなければ仲間大会でもない完全に身内大会なのであしからず。

 

「経緯」

総会で月一の考察会開きたい的なこと言ってたし参加して考えるかー

 

って冬休みやないかーい

 

「ルール」

1.複合タイプのみ

2.タイプ被りなし

3.KP上位30位以内のポケモンは2体まで

4.メガ進化は変化前後両方にルール適応

5.ゲッコウガは元のタイプ参照で使用可能

6.レート準拠のシングルバトル

 

要は12タイプパーティに入れてシングルバトルしましょうということ

 

 

「考察」

①KP30位以内の考察

 まず使用可能ポケモンを整理します。注目すべきはルール番号3番。「KP上位のポケモンからどの2体を選択するか」がこのルール最大のポイント。

f:id:takeru38:20190208180648j:plainf:id:takeru38:20190208154830j:plainf:id:takeru38:20190208154857j:plain

単タイプが使用禁止なので実質2/26の選択となります。

もちろん選択しないことも可能ですがほとんどの人は2体選択するでしょう。TOP30のポケモンたちのスペックは相当です。

 次に27体の分析をします。この27体は「メガ枠」「フェアリー枠」「地面枠」「鋼枠」「最強ポケモン枠」「その他枠」に分類できます。この分類は後程使います。

 

②KP30位以外の簡易的な考察

 次にTOP30以外を考察します。こちらは複合タイプのポケモンなら全て選択肢に入ります。ただしその中でもとりわけフェアリータイプは採用しづらいです。というのも基本的にTOP30位以内のフェアリータイプが強力な無二の能力をもっているからです。他の枠の採用より優先順位は高くなると予想します。そこでポケモンバトルデータベース様を参照に「74位のサメハダー」と「75位のアローラキュウコン」を一つのメジャーマイナーの区切りとして考えます。(あまり関係ないけど)

 

③枠の考察

A:「メガ枠」

該当ポケモンf:id:takeru38:20190208162216p:plainf:id:takeru38:20190208162234p:plainf:id:takeru38:20190208162254p:plainf:id:takeru38:20190208162325p:plainf:id:takeru38:20190208162348p:plainf:id:takeru38:20190208162416p:plainf:id:takeru38:20190208162431p:plainf:id:takeru38:20190208162504p:plainf:id:takeru38:20190208162537p:plain(ガブは知らん)
代置ポケモンf:id:takeru38:20190208162621p:plainf:id:takeru38:20190208162639p:plainf:id:takeru38:20190208162659p:plainf:id:takeru38:20190208162719p:plainf:id:takeru38:20190208162749p:plainf:id:takeru38:20190208162804p:plainf:id:takeru38:20190208162823p:plainf:id:takeru38:20190208162846p:plainf:id:takeru38:20190208182928p:plainetc…
優先度:大

TOP 30 の優先度:中

 ptに1~2体は必ずほしいメガ枠。メガ無し構築はよほど完成度が高くないとptパワーの問題で厳しいと考えます。注目すべきはf:id:takeru38:20190208161842p:plainf:id:takeru38:20190208161818p:plainf:id:takeru38:20190208161743p:plainがいないこと。上から叩いてくるメガ枠が減少しているのでサイクル回して先制技絡めて一貫を作るという動きの選択肢が減っています。また、f:id:takeru38:20190208161743p:plainがいないので対面構築にも制限がかかっています。ただし他のメガ枠の選択肢も比較的豊富。特にf:id:takeru38:20190208162719p:plainf:id:takeru38:20190208162621p:plainあたりは枠さえ食わなければ十分トップメタたり得ると思います。それでもf:id:takeru38:20190208162216p:plainf:id:takeru38:20190208162325p:plainあたりは採用率が高いと予想。特にf:id:takeru38:20190208162325p:plainは鋼枠も兼ねられるので多そう。

 

B:「フェアリー枠」

 

該当ポケモンf:id:takeru38:20190208164810p:plainf:id:takeru38:20190208164544p:plainf:id:takeru38:20190208164906p:plainf:id:takeru38:20190208164938p:plain

代置ポケモンf:id:takeru38:20190208165806p:plainf:id:takeru38:20190208165826p:plainf:id:takeru38:20190208165946p:plainf:id:takeru38:20190208164451p:plainetc…

優先度:中

TOP30の優先度:大

 27位にf:id:takeru38:20190208163507p:plainがいるので逆鱗の一貫とかはさして気にしなくてもいいです。ただしコイツf:id:takeru38:20190208165024p:plainがいると陀仏になる可能性が高いのでできたら採用したい。ただし、フェアリータイプ枠というかそういう問題ではないスペックがあるのがTOP30位のポケモン。他のカプにも強めなf:id:takeru38:20190208164451p:plainを絡めたサイクル戦をしないのであればまあ採用したい。地面枠が貧弱になりやすいとこをつけるf:id:takeru38:20190208164544p:plain、鋼枠がアタッカー気味になりやすいとこにささるf:id:takeru38:20190208164938p:plain、厄介なf:id:takeru38:20190208164717p:plainがいないかつ重要な対面の駒となり得るf:id:takeru38:20190208164810p:plain、毒を絡めたサイクルに選択肢がもて汎用性が高いf:id:takeru38:20190208164906p:plainと取り替えがきかない性能が持ち味。また、f:id:takeru38:20190208162504p:plainf:id:takeru38:20190208165304p:plainの採用が低くなることが予想されるのもあって上4体を差し置いて採用する価値があるパワーがある。

 

C:「地面枠(電気無効)」

該当ポケモンf:id:takeru38:20190208163507p:plainf:id:takeru38:20190208164717p:plainf:id:takeru38:20190208171702p:plainf:id:takeru38:20190208172134p:plain

代置ポケモンf:id:takeru38:20190208172728p:plainf:id:takeru38:20190208172756p:plainf:id:takeru38:20190208172806p:plainf:id:takeru38:20190208172233p:plainf:id:takeru38:20190208172346p:plainf:id:takeru38:20190208172308p:plainf:id:takeru38:20190208174214p:plainetc…

優先度:中

TOP30の優先度:低

 そもそもこの枠はf:id:takeru38:20190208164544p:plainが多いとみるかどうかで判断が変わる。一応草枠を採用することでごまかせるがボルトチェンジが止められるかどうかは非常に大きい。どうしても潤滑油がほしいときにf:id:takeru38:20190208164717p:plain、攻め系の構築にマッチしているf:id:takeru38:20190208171702p:plain、受け系のサイクルにf:id:takeru38:20190208172134p:plain
の採用は考えられる。TOP30以外にも役割さえはっきりさせればなかなか粒ぞろいな印象。

 

D:「鋼枠」

該当ポケモンf:id:takeru38:20190208173924p:plainf:id:takeru38:20190208162504p:plainf:id:takeru38:20190208162325p:plainf:id:takeru38:20190208174414p:plainf:id:takeru38:20190208174402p:plainf:id:takeru38:20190208174431p:plainf:id:takeru38:20190208174450p:plain
代置ポケモンf:id:takeru38:20190208172308p:plainf:id:takeru38:20190208182135p:plainf:id:takeru38:20190208182156p:plainf:id:takeru38:20190208182229p:plainf:id:takeru38:20190208182246p:plainf:id:takeru38:20190208182256p:plainetc…
優先度:中

TOP30の優先度:中

 サイクル構築にするなら絶対いる枠。f:id:takeru38:20190208164810p:plainf:id:takeru38:20190208164938p:plainの数をどう見るかでこれまた話が変わる。個人的には多そうだし、そもそも12タイプ選ぶ段階でこの優秀なタイプを選択しない選択肢はないと思う。攻めっ気の多い鋼枠はTOP30以外にもいるので選択肢の幅が大きいが、サイクル構築で考える鋼枠はやや難しい選択になる。宿木のタネが使え、誤魔化しがききやすいf:id:takeru38:20190208173924p:plainが第一候補か。

 

E:「最強ポケモン枠」

該当ポケモンf:id:takeru38:20190208182340p:plain

代置ポケモン:なし

優先度:大

 「はい襷負けです」「エスパーZは考慮しきれへんなぁ」「ここはレヒレ後出し読み草Zや!」「へ、格闘Z??」「竜舞お疲れ様でした-スカーフ冷ビ ピィーーーーーーーーー」「激流水Zパワーありすぎぃ!」「ばーかwww毒守だよwww」「あ、手裏剣5発当たっちゃったw」「ボ!ボ!はい燃えたーー神ーー」「ミミッキュは凍りついた!」

 ご存知最強ポケモンです。f:id:takeru38:20190208164544p:plainの減少、f:id:takeru38:20190208183604p:plainf:id:takeru38:20190208183628p:plainの存在がないということでpt編成は難しいですが、入れたら大体活躍しそうですね。少なくとも合宿参加者で一人は使うことは確定しているのでしっかり処理ルートは考えときましょう。 

 

F.「その他枠」

該当ポケモンf:id:takeru38:20190208165304p:plainf:id:takeru38:20190208183252p:plainf:id:takeru38:20190208183403p:plainf:id:takeru38:20190208183443p:plain

代置ポケモン(というかその他強そうなポケモン):f:id:takeru38:20190208165024p:plainf:id:takeru38:20190208182405p:plainf:id:takeru38:20190208182420p:plainf:id:takeru38:20190208182433p:plainf:id:takeru38:20190208182448p:plainf:id:takeru38:20190208182500p:plainf:id:takeru38:20190208182515p:plainf:id:takeru38:20190208182540p:plainf:id:takeru38:20190208182550p:plainf:id:takeru38:20190208182616p:plainf:id:takeru38:20190208182635p:plainf:id:takeru38:20190208182652p:plainf:id:takeru38:20190208182727p:plainetc…

優先度:優先度もクソもない

TOP30の優先度:低

 その他の枠。TOP30に残っているのは全体的に積み系統のポケモンが多い。ということは積み系統のptがやや作りづらい。受け系のサイクルの崩し手段が乏しくなるので崩し枠の中でもf:id:takeru38:20190208165024p:plainの優先度は高いと思われる。これもBのフェアリー枠の優先順位が高い一因である。受け系のサイクルも作りづらいといえばづらいのだが一応f:id:takeru38:20190208164451p:plainf:id:takeru38:20190208182652p:plainがTOP30の縛りから脱出して組めるので無対策というわけにもいかない。

 

ということで考察しました。

本当はここから対面サイクル積みの視点からみた分析や各タイプの強力なポケモンをあげたかったのですが時間はないし、思ったより長くなったのでいったん閉めます。

気がむいたら続きも考えます。

では。

 

僕の2018年(自分語り)

こんにちは。たけるです。

いつのまにかもうすぐ2019年ですって。恐ろしや。

てなわけで今年の自分を振り返りたいと思いまーす(ただの自分語り)。

 

 

・実機

最終レート

S7 15××

S8 1904

S9 1901

S10 16××

S11 16××

S12 17××

 

うーーーーん。ゴミw。そもそもへたくそなのに対戦数が少ないので救いようがない。

だんだんモチベがなくなっているのがわかりますね。悲しきかな。

ただ潜ると楽しいんだけどなぁ…厳選がダメすぎる。シウカツが終わったら8世代から復帰できたらいいなぁと思います。WCSとどっちやるのかはわからんけど。

ころころpt変わるからあれだけど、ゲンガブカグヤが一番あってた(気がする)。

f:id:takeru38:20180314003048g:plainf:id:takeru38:20180314010459g:plainf:id:takeru38:20180314014900g:plain

 

・カード

ポイント:78

トレリ:2回参加→1位1回、8位1回

シティリーグS1:4勝2敗 31位 

CL東京:見るだけ参加(サイドイベントのみ)

CL新潟:5勝3敗 182位

新人戦:ベスト8

BIU:3勝3敗 22位

 

去年はほとんどやってなかったカード。たくさんのイベントに参加させてもらいました。一番のきっかけは新人戦だから誘ってくれた後輩には感謝感謝ですね。強い方と当たるのがとても楽しかったし、来年はリベンジしたい。

まあまずはCL千葉の0回戦第2ラウンドなんですけど。

使用デッキは(エーフィダスト)、ソルガレオ、ウルネク、ズガドーン、コケコカラスなどなど。今のお気に入りはコケコカウンターだけど2018年のベストデッキはウルネクかな。

f:id:takeru38:20181231171717j:plain

 

白猫プロジェクト

始めた時:1月のどっか(ログイン日数351日)

ランク:350

段位:12

初HELLクリア:WORLD END

初課金:茶熊2018

押しキャラ登場:WORLD END

 

大体の元凶。あらゆる時間を吸われた。実機もカードも中途半端になった原因。実は2014年にも始めて2週間で飽きてやめてることから「どうせ続かんやろーw」って始めたらなんかハマってしまった、許さん。

推しキャラはエレノア、キアラ、アイシャ、ベルメルと最近始めた感丸出し。

シウカツ中もやめることはないので決まらなかったらポケモンではなく、これのせいにしたいと思います。あ、アニメ化とswitch版楽しみにしてます。

f:id:takeru38:20181231172323p:plain

 

・バンドリ

始めた時期:多分10月らへん

ランク:82

押しキャラ:不明

 

カラオケで70点代のリズム感の人間がまあ音ゲーうまいわけなく、エンジョイ勢で遊んでます。「イベントやんなきゃ」とか「この難易度クリアしなきゃ」とかは全て白猫プロジェクト君が担っているので穏やかにやっている。

あとサークル員と話すときは一応強いて挙げているが、基本的にポケモンもアニメとかでも推しというのがあまりできない人間なので不明である(白猫は別)。

 

・アニメ

今年一番変わったことかもしれない「アニメを見なくなった」。ぜーーんぶ免許合宿で新潟に2週間も幽閉されたのが悪い、マジであのカス合宿許さねぇ。継続してみていたものが2週間も途切れたら萎えるんだよなぁ・あといろんな意味でソシャゲしながらアニメを見れないのがキツイ。まあそうはいっても気になるアニメはたくさんあるので時間を見つけて見たいです。

あ、ただシンフォギアライブはマジで最高でした。初めてのライブだったけどガンガンに盛り上がれたし、次開催決定したら全力でいきたい。

 

・書籍

これも買えてない。なんなら売ってる。今手元にあるのが「ポケスペ」「ドメカノ」「恋と嘘」「山田くんと七人の魔女」「よくわからないカービィギャグマンガ」「新海作品」「ゲーマーズ!」「ロクアカ」「いろんな攻略本」である。サークル員と話す話題にはならないので悲しい(ジャンプ系列はほとんど読まないし)。コナンとベイビーステップ全巻を売ってタッグボルトを買ったのはいい思い出。

 

・おべんつよ

やらなきゃ本当に不味いです。やります。

 

・ピカブイ

買った。攻略本も買った。されどなお未だビニールに入ったまま。

 

スプラトゥーン

本当にすいませんでした!!僕には合わなかったです。

某先輩と某後輩と某同学科同級生には通話までさせてもらったのでこの結果になって本当にすいませんでした。スプラトゥーンは錬金の材料になりました。

 

スマブラ

買いません。

 

・サークル

なんだかんだで役職を交代できてホッとしてます。現2年生は是非自分たちの代というのを楽しんでください。あと協力もしていくのでなんかあったら遠慮なくどうぞ。

 

・旅行

シンガポールだったり、飛騨だったり、新潟(2回)だったり、仙台の離島だったり、まあいろんなとこ行きました。特にシンガポールは実質初の海外旅行ということもあり、不安だらけでしたが楽しく終わることができてよかったです。今度はドリアン食いたい。

f:id:takeru38:20181231172429j:plainf:id:takeru38:20181231172513j:plainf:id:takeru38:20181231172609j:plain

 

 

以上です。

また2019年もよろしくお願いします。

よいお年を~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケカデッキ列挙&レシピ(水)

こんばんは!たけるです。

シティリーグお疲れ様でした。4‐2と悔しい結果でしたが、また新潟にむかって練習していきます。

さて水です(昨日あんま見なかったけど)。

 

~水~

・「コイキング&ホエルオーtagチーム」

f:id:takeru38:20190115040705g:plainf:id:takeru38:20190115040716g:plain
これまた発表当時は賛否両論だったが、シティリーグで一気に評価が変わった印象のデッキ。脅威のHP300のタネかつ「キングザブーンGX」で一気にサイドをとることが可能。「スーパースブラッシュ」もこだわりハチマキ込みで210点出ることもあり、普通のGXや非GX相手には比較的強い印象。ただしtagチーム相手には工夫がいるか。

<Sランク>

アーゴヨン&ヌオー型」

f:id:takeru38:20181113220951g:plainf:id:takeru38:20181120012336g:plain f:id:takeru38:20181120014446g:plainf:id:takeru38:20190115041037g:plain

トラッシュに送った水エネルギーをアーゴヨンの「チャージアップ」で場に戻し、ヌオーの「おしながす」でバトル場に送る、エネルギー無限サイクルデッキ。 

コイホエGXをはじめ、水の強力なGXはエネルギーがたくさんいるのでこのシステムとのかみ合いがよさそう。ヌオーもアーゴヨンも殴れるどころか闘タイプのヌオーをいれた場合はピカゼクGXをワンパン可能という強みまである。

サブアタッカー候補は闘ヌオーの他、ピカゼクやレックウザ系統にささるパルキアGX、水ポケモングズマから守れるフリーザーが挙げられる。アーゴヨンが水タイプじゃないのが本当に惜しい。

 

フリーザー型」

f:id:takeru38:20190115041037g:plainf:id:takeru38:20181120012336g:plainf:id:takeru38:20181120012744g:plainf:id:takeru38:20181120014446g:plain

アーゴヨンを抜いて水ポケモンオンリーで固めたデッキ。フリーザーの特性をフルに活かすことができ、フリーザー4~5体で打点をバラマキながらコイキング&ホエルオーGXで締める。エネルギーが多くなりがちだが、テテフGXやデデンネGXが入らないのでデッキ構築が難しそう。コイホエGXのGX技への依存度の関係からたまに打点調整ができるゲッコウガラインが入るのを見る。

 

<Aランク>

カメックス型」

f:id:takeru38:20190115040852g:plainf:id:takeru38:20181120012728g:plain

特性「パワースコール」でエネルギーを1ターンにとにかくたくさんつけるデッキ。マキシでカメックスをたてることをサポートできる分思ったより事故りにくい。地味にカプ・テテフGXのエネルギードライブもめちゃめちゃ火力が出る。

というか僕自身このデッキにボコボコにされたので恐怖心がある。先行2ターン目にキングザブーンGX打たれたことを僕は忘れない。強かった。

ルミタン系もそうだが、この手のデッキの爆発力は侮れない。

 

 

以上です。グレイシアGXは新潟でも一定数いるんですかね?

ご覧いただきありがとうございました!次はいよいよ雷かー。

それでは~

 

追記

tagチームの参入により((ry

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケカデッキ列挙&雑感(炎)

こんばんは。たけるです。

今日は炎です。

(個人的雑感なので適当なこと言っていても許してください)

 

~炎~

 

・「ズガドーンGX+アーゴヨン

f:id:takeru38:20181113220346g:plainf:id:takeru38:20181113220951g:plainf:id:takeru38:20181113221027g:plain

cl東京で大きく注目されたデッキの一つ。「炎エネロストゾーンに送るのにトラッシュから回収ってwww」って思っていた2~3か月前の自分、センスないよ。

「ハイパーボール」「ミステリートレジャー」「ダート自転車」「観光客」「ヒートファクトリー」で炎エネを落とし、アーゴヨンの「チャージアップ」で場にエネをため込み、ズガドーンGXの「びっくりヘッド」でワンパンしていく。ズガドーンGXもアーゴヨンもUBのため「ウルトラスペース」「ビーストリング」対応なのが強い。

また、後攻をとっても「バーストGX」でサイドを先行できるので「ハラ」を入れている構築も多い。そのあとズガドーンGXが倒されたら今度はアーゴヨンの「ターニングポイント」が待っているので「ビーストリング」と合わせて相手の残りサイドをより意識しないといけない。

他に入っているポケモンとしては「Aベトベトン」で相手のタネポケモンの特性を封じるタイプが見られる。ミステリーとレジャー対応なのもgood。

書いてて思ったけど「ミステリートレジャー」でズガドーンGXをサーチできないの若干違和感あるな…。

 

tagチーム環境でもその火力を買われて一定数存在。

 

 

・「リザードン

f:id:takeru38:20190115031625g:plain

特性「たけるとうき」と手張りで非GXながら180点を出せるタッグボルトで登場したデッキ。なんとなくホワイトキュレムデッキを思い出す(全然違うけど)。
<Sランク>

ジラーチ型」

f:id:takeru38:20190115033519g:plainf:id:takeru38:20181113215539g:plainf:id:takeru38:20181107004042g:plain

リザードンにアタッカーの役割を集中させ、サポートを中心としたデッキ。特性「じならし」のマグカルゴや特性「パワードロー」のラグラージを採用しているケースが見られる。サブアタッカーがいないまたは薄いことが多いのでリザードン3~4体でサイドを取りきることが求められる?

 

ズガドーンGX型」

f:id:takeru38:20181113220346g:plain

アーゴヨンリザードンになったことでさらに打点とエネ加速が強化された。デメリットは2進化を安定させるソースが少なくなりがちなこと。

 

「AキュウコンGX&ブースターGX型」

f:id:takeru38:20181107003706g:plainf:id:takeru38:20181113220547g:plain

サブアタッカーにブースターGXを採用し、リザードンをたてるためにAロコンとAキュウコンを採用した型。まとまっているが、的になりやすいGXポケモンが他の型に比べて多いのでたてるタイミング等を慎重になる必要がありそう。

 

 

以上です。「水」書いて新潟になりそう()。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

それでは

 

追記

tagチーム参入により環境が大きく変動。デッキタイプ選別。

 

 

 

 

ポケカデッキ列挙&雑感(草)

こんにちは。たけるです。

学祭やレートS12も終わり、シティリーグとCLが近づいてきてポケカのモードにならなきゃなぁとふと思いました。さらにもうすぐ自分がポケカ初めて1年になります。

ということで現時点での主要デッキについて適当に整理しようと思います。

公開情報と憶測だけで書いているのであしからず。

(あとアホなのでデッキタイプ列挙しときたさもあった。)

 

~草~

・「セレビィフシギバナtagチーム」 

f:id:takeru38:20190115030246g:plainf:id:takeru38:20190115030303g:plain
突如現れたタネHP270の圧倒的高耐久。発表当時は賛否両論だったが、シティリーグ東京でベスト4に登場してから評価された印象。「きけんなかふん」で状態異常にしたり、「エバーグリーンGX」で回復しながら戦う。また「ソーラービーム」も150点と決して少なくなく、LOではなくしっかりサイドをとっていける。「ライフフォレスト」もあるため中火力デッキは本当に倒しづらい。ゲーム勢からみるとメガフシギバナを彷彿とさせますね(セレビィ要素は知りません)。

<Sランク>

シェイミ型」

f:id:takeru38:20190115030232g:plain

特性「フローラルヒール」でシェイミ1体につき20回復できる。このデッキは他にポケモンを入れることが少なく、その分縦引きにサポートを回し、クラッシュハンマーなどの妨害系のグッズを積んでいる。こだわりメットやエーテル保護区かライフフォレスト、シェイミととにかく固く、シェイミを倒してもサイド的に結局セレフシGXを2体とらざるをえない。セレフシGXの利点をしっかり活かしている印象。

<Aランク>

クワガノン型」

f:id:takeru38:20181107003521g:plainf:id:takeru38:20181107005446g:plainf:id:takeru38:20181107004730g:plainf:id:takeru38:20190115030126g:plain

タッグボルト環境の初期に見られたタイプ。エネ加速をして積極的にセレフシGXやセブアタッカーで殴っていく。メリットとしてクワガノンシェイミ△など殴るプランが複数とれる点が挙げられる。これによりある程度炎デッキに抗える。

 

・「ジュバイパーGX&アローラキュウコンGX」

f:id:takeru38:20181107003655g:plainf:id:takeru38:20181107003706g:plainf:id:takeru38:20181107004042g:plainf:id:takeru38:20181107004239g:plain

CLの配信卓でみたのが記憶に新しいバラマキ系のデッキ。「はくぎんのかぜ」前に70点とベンチに30点でばらまけるのと、「ふしぎなみちびき」でジュナイパーが育ちやすいのとで水ではなく妖が主流へと変遷したイメージ。サークルで何度か対戦したけどみんな1戦ごとにミスったって言ってるし、めちゃめちゃ難しそう(小並)。そういえば「ワンダーラビリンス」ともある程度相性よさそう。ラグラージが超ブーストエネで160点、ヨーギラスが二子玉で80点だすことも。

ロコンとラグとGX2体狩るプランが丸いのかな。あ、新しい妖タイプの「ひかりのけっかい」キュウコンが入ることもあるかもしれない。

 

tagチームが出て高HPかつ試合展開が早い試合が増えて速度的に厳しくなった印象。ヨーギラスを絡めればピカゼクGXには戦えそうだがサナニンフGXやセレフシGXといった回復系にはかなり厳しそう。

 

 

ホントは3タイプぐらいまとめようとか思ったけど眠いし、とりあえず草だけで公開しちゃいます。

記事かくと頭のなかで整理できていいですね。今度、他のタイプも整理したいとおもいます(時間とモチベがあったら)。

 

それでは。

 

追記

tagチーム登場により環境が大きく変動したので大きくデッキタイプを選別しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人戦に参加してみて

こんにちは。たけるです。

だいぶ日はたってしまいましたが、新人戦レポートしてみたいと思います。

 

まず11時前に高田馬場到着。

こういう大会は初めてなのでばちこり駅でトイレをすましていきました。

で一緒に待ち合わせた後輩二人に謝って会場入り(なんだこの先輩)。

サントスさん、Dさん、ハクシュウさんなど放送で有名な方がいたり、配信卓がしっかりしててすげーなーと思ってました。

あとは初回戦までスリーブとプロキシのチェック。

身内でしかやらないのでこういうとこでキルされるのが不安で仕方なかったですね。

のど飴をなめて咳を可能な限り抑えていよいよ対戦。

 

使用デッキ:結界キュウコンソルガレオ(よかったら見てください)

yname.hatenablog.com

 

1戦目 vsガブルカ〇

緊張しながら挑むも最初にマリガンを3回もらう。ただマリガンの時点でガブルカが判明しかつデッキ相性はかなり悪いのは知っていたので内心苦しんでました。

しかし相手が前のフカマルがずっと進化するもののベンチにポケモンが並ばず、こちらはマリガンで引っ張ってきた飴ソルガレオで後攻3ターン目でメテオドライブで相手のタネ切れで勝ち。運勝ちですね()。

25分くらい余ってしまったので周りの卓を見ると、レックゼラオラシルヴァディゼラオラと雷系列が多いのかなと感じました。あとグレイシアもそこそこ。

ただこれから対戦するかもしれない人を見て回ることが良いか悪いか分かんなかったので座ったり、立ったりしていました(完全に不審者)。

 

2戦目 vsカラマネクロwithシンボラー

配信卓。緊張感やばいけど少しうれしかった。

ダダリンスタートをしてしまい、ベンチはコスモッグ1体しか立てられず番を終える若干しんどい展開。ハイパーボールで水エネルギーを捨てたとき解説の方がびっくりしていましたw。

一方相手はマーイーカをしっかり並べてベンチを埋めてきました。こちらも飴ソルガレオコスモッグとロコンに先2ソルバーストGXでエネルギーをつけて対抗。

さらにワンダータッチグズマカラマネロをターボストライクで処理。そしてサイドからグズマを引いてウルネクを処理(ここでさらにサイドからテテフGxと観光客)。そのあと相手はビーストリングを使えず、シンボラーにターボストライクを打たざるを得ない場面になったものの2体目のメテオドライブソルガレオを立てられて処理。

サイドでグズマをとってきたところが神がかってました。ただソルガレオはウルネク相手にビーストリングのチャンスを2回つくるあたり怪しい相手だなと感じる。

ちなみに練習段階だとフォトンゲイザーが超抵抗にひっかかると思い込んでいました。PCLで竜王戦にでた障害がばちこり出ましたが、練習段階で気づけて良かったです。

詳しくはyoutubeアーカイブがでているのでよかったら見てください(しばらくしたら消えるらしいですけど)。ちなみに挙動不審なのが僕です。落ち着きがないですね。

 

3戦目 vsブルルガノンゼラオラ

アゴジムシゼラオラが出てきて「ついにきたかレックゼラオラ…」と思ったらネストボールで引っ張ってきたのはカプ・ブルルGX。ソルガレオ側からみるとレックウザと違ってワンパンの心配がない分まだマシな相手でした。ただエーテルパラダイス保護区でゼラオラをワンパンできないのがしんどい(ブロアー1枚しかいれていない弊害)。その上、テテフGXを狙われサイド先行される厳しい展開。ただなんとかハイボでダダリンを引っ張ってこれてゼラオラワンパンに成功。ここで流れをつかんで2体目のブルルが立つ前に勝利。ダダリン神ポイント1。

ここまでで一緒にきた後輩からジュカインマッシブーンがしんどそうなことを聞く。マッシブーン全然見なかったなー。

 

4戦目 vsカラマネロwithレジスチル×

カラマネロ(2回目)。マリガン2回を許す展開に。しかも今回は飴ソルガレオは厳しいハンドが続いたので結界キュウコンでテンポを落とす方針に。ただマリガンの時点で結界キュウコンを見せたのがかなり痛く、レジスチルを準備される。その後、グズマレジスチルを落としにかかるも「かたいからだ」を忘れる大失態。その後デンジでビーストリングを引っ張ってこられて負け。

後に予選2位で上がる人でかなりうまい人だったんだろうなぁとぼんやり思った(カード全部光ってたし)。

とりあえず見たことないカードにあたったときテキストを確認することは大切(戒め)。

 

5戦目 vsサナゾロキュウコンソルガレオ

先行とって相手テテフスタート。ただこちらがコスモッグ+ベンチにディアルガでめちゃくちゃエネに悩む展開に。最終的に後1エナジードライブを切ってコスモッグにつけるもののエナジードライブをされる(まぬけ)。ここでコスモッグサーナイトがみえてデッキは分からないけどそこまで早い展開にはならないと見切りをつけてデッキを進める。その後サーナイトが立ち、たてがみソルガレオも立てられるもののメテオドライブで相性云々すっ飛ばししてサーナイト確1。その後、たてがみソルガレオ同士の殴り合いをダダリンを入れることで確定数をずらして処理。ダダリン神ポイント2。最終的にグズマでテテフGXをディアルガの鉢巻はがねつかいパワーブラストで倒して勝利。

予選7位で決勝トーナメント。

ちなみに上位卓は鋼が多かったらしいですね。

 

決勝トーナメント1回戦 vsジュカインGX〇

何度も何度も練習したので展開がスムーズだった。ロコンやディアルガにエネを分散させずソルガレオに集中させることでおんそくぎりに抗いながら、メテオドライブで処理。ターボストライクでエネがついたジュプトルもケアしながら進めることができた。全試合中一番自信をもってプレイングできたのでサークル員のみなさんに感謝ですね。

 

決勝トーナメント2回戦 vsレックゼラオラ×(時間切れサイド差1-2)

くっそ悔しい。めっちゃ悔しい。なんなら今日の夢にもでてきたくらい悔しい。

Dさんたちが配信卓で試合を終えたころこちらでは苦しい試合をしてました(生放送でも触れられていましたね)。

じゃんけんに負けたものの後攻を選択され、ライボルト絡みを警戒するもののゼラオラがみえて後1フルボルテージGXをねらっていることがわかる。しかしうまく回っていないらしくフルボルテージは打たれなかった。ただこちらもリーリエ、シロナをはいて2ターン目まで鋼エネがひけない硬直状態。とりあえず場のエネルギーを狩りながら結界キュウコンを準備。ただこれが相手の長考を誘う。HP250の化け物と結界キュウコン、相手からするとうざいことこの上なく色々と考えさせてしまう。お互いサイドをとらない状態で15分を切ってしまう。その後動くがこちらはグズマが引けず、結界キュウコンかターボストライクソルガレオで2パンするしかない状況。エネがついたコスモッグが残り3分で刈られサイド差1-2に。その後、結界キュウコンで殴るも2分使われて負け。

試合中正直少しイライラしたものの、冷静になると30分をうまくつかったのは相手であり、結界キュウコンソルガレオの弱点でもあるので仕方ないなという感じ。しっかり序盤に展開できないミスでもありますしね。

ただあと1ターンかえって来たら勝てたので悔しさがとても残りました。でもCL25分なんだよなぁ…。これからの課題ですね。

 

~振り返って~

悔しさがのこったのでCL二次募集挑んでみようかなぁという感じです。あと全体的にとても楽しかったです。運営の方々や対戦してくれた方々ありがとうございました!

デッキ選択自体は間違ってなかったかなぁと感じます。top3であるマグカルゴデッキ、サーナイトデッキ、グレイシアゾロアークデッキにある程度有利な盤面を作れる(と思う)(多分)からです。もちろんAキュウコンサイド落ちやディアルガが準備できていない状態のプリエールGX、先2フロストバレットなど負ける要素も多いので対戦しないとわからないからですが。

キュウコンソルガレオだけでなく結界キュウコンソルガレオも強いと証明したかったですね。

そういえば妖キュウコンソルガレオとは当たらなかったので対戦してみたいなぁ。

 

ということでご覧いただきありがとうございました!

あと新人戦参加者お疲れ様でした!またこういう機会があったらよろしくお願いします(あと咳うるさくてすいませんでした)。

 

 

ポケカ新人戦使用構築~導かないキュウコンソルガレオ~(予選7位・ベスト8)

こんにちは。たけるです。昨日ポケモンカード新人戦に参加した結果、自分としてはびっくりするぐらい良い結果が出たので初めて「ポケモンカード」の記事を書きます。

ということで初心者丸出しだと思うので、読んでいただける方はご了承ください()。

あ、ちなみに新人戦についての感想はまた違う記事にしたいと思います。

あと文章力ないのでまあ長くなります。

f:id:takeru38:20180813140223p:plain

 

使用構築です。

 

~デッキ選択について~

8月3日にフェアリーライズが来るということで鋼に着目し、ソルガレオを考え始め、ショップで購入。(思ったより高く財布がここでピンチになる)。

いざデッキリストが公開されると、ジュカインつえーってなったり、妖Aキュウコンソルガレオと組み始めたりして、さしてフェアリーデッキが増えなさそうであちゃーってなる。が、ジュカインにもある程度有利をとれることからソルガレオのままで行こうと決意。

ただ、本当に妖Aキュウコンか?となり、色々考えた結果結界キュウコン(読みづらい)と組ませることにした。あとはサークル員と対戦しながら調整して完成。

 

~結界キュウコンにした理由~

①コストがかからない!

妖Aキュウコンにするとみちしるべロコン含めて色々買い足す必要が出てくる。が、病院代(風邪)やらソルガレオやらで割としんどかったので正直きついなぁと感じた。ただ、貸してあげるという優しい先輩のお言葉もあったが、結局以下の理由から見送らせていただいた。

 

②GXでないこと

キュウコンGXを立てるとテテフと合わせて比較的エサとなり得るGXが増えてしまう。「はくぎんのかぜ」こそあるもののそこの心配はぬぐえなかぅた。一方、結界キュウコンはGX主体のデッキには厄介な存在この上なく、いるだけで相手のプレイングに影響を与えられると思った(非Gxを出してエネルギーをつけたり、グズマを安易に使わせなかったり)。

 

③メタ要素

多くのデッキのメタ性能として優秀だと思った。不利をとりそうかつジュカインの台頭で増えそうなマグカルゴやレシラムに有利をとれ(当たらなかった)、レックゼラオラに対しても壁になるかつ最低限鉢巻合わせて確2とれる(時間切れで負けた)ので採用。

 

④妖AキュウコンのGX技

マッシブーンやウルネクにささるサプリメイションGXは魅力的だが、すなわちソルバーストGXを打てないと同義であり、サイド残り2枚が遠いってなる気がした。しただけな気もする。まあ小マッシとルナアーラ△さえ気を付ければ結界でも大丈夫だろうとなった(後にレジスチルにやられることになる)。

 

⑤唐突な結界

コスモッグとロコンを見てもまず思いつくのは妖Aキュウコンであり、中盤までその存在を認知されずらい。バレるときはソルガレオが立っているときなので五分以上の盤面であると考えた。

 

⑥対ニンフサナ

キュウコンと組み合わると飴進化が基本となるが、その場合相手のプリエールGXで負けに大きく近づくのでコスモウムを経由させる方法も残したかった。あと個人的に友人のサーナイトにエーフィダストと親を幾度となく殺されたので、絶対にサーナイトには勝ちたかった。

 

特に③が決め手でした。

もちろん安定性やサプリメイションGXはとても魅力的なので妖Aキュウコンもとても悩んだが、結局結界になりました(もう1000字)。

 

~各カードについて~

ポケモン:18

・「コスモッグ:4」

ちりを集める方。テレポートするくらいなら逃げてターボストライクの材料にしたり、山を1枚でも掘ったほうが良いと思った。思ったよりちりを集めた。

 

・「コスモウム:2」

プリエールGX・自分のみちしるべを考えるとやっぱり入る。ただ、多くのデッキには飴進化のほうが早くて強いので2枚。

 

・「ソルガレオ(ウルトラロード):2」

技を打ったら相手が死ぬ。最高にシンプルで楽しかった。ソルバーストGXも十分強い。ウルトラロードのおかげで誰でスタートしてもリカバリーがきく点もgood。寄せる方も考えたが、結局たてがみの方も絶対たてなければいけないので2枚。

 

・「ソルガレオ(かがやくたてがみ):2」

メテオドライブの補佐。後述するダダリンと合わせて、相手の非GXアタッカーを確1にする重要な役割があったりする。マッシ相手にはプロミネンスGXを打ったりする。

 

「Aロコン(みちしるべ):2」

みちしるべ強い。

 

・「結界Aキュウコン:1」

1体たてばよいので1枚。初めはメレシー(ワンダーレイで特性持ちから技をうけない)にしようと思ったが、Aロコンがみちしるべの後に置きものにない・vsマグカルゴやレシラムを考えてこうなった。でもメレシーは強いと思います()。

 

・「ダダリン:1」

鋼の打点を10点あげる。神。小マッシやラティアス△をターボストライクで確1にする。新人戦では保護区抵抗力込みでゼラオラGXを確1にしたり、ターボストライクの殴り合いで確2をとって有利になったりとても役立った。

 

・「ディアルガ:1」

時を削る。ただこのデッキだとどちらかというと下技パワーブラスト130点が偉い。鉢巻ダダリン込みでテテフGXを倒せる貴重な存在。サーナイトへの憎しみにあふれている。

 

・「カプ・コケコ:1」

逃げエネ0というより回転飛行を買って採用。20点与えることでダダリン込みターボストライクでめちゃくちゃ重いガブリアスジバコイルを倒す。ちなみにまだ一回も打ったことがない。余談だが、ダダリン込みターボストライクでコイツも抵抗力込みで死ぬ。

ダダリン最強!ダダリン最強!

 

・「カプ・テテフGX:2」

ワンダータッチマン。たまにソルバーストGXでめちゃくちゃエネが付いて、エナジードライブでゴリラする。

 

サポート:12

・「シロナ:4」

SM定番ドロサポ。当然4.

 

・「かんこうきゃく:3」

エネルギーや多いタネポケモンを捨てつつ、ドローできるカード。このカードを打つときがプラターヌが欲しくなるとき1位。

 

・「グズマ:3」

時間稼ぎにも決めてにも使えるカード。本当は4枚入れたい。3枚の使いどころがとても重要で試合にもよるが安易にハイパーボールとかのコストにしてはいけない(戒め)。

 

・「リーリエ:1」

初めてのSRだから入れたかった。初手8枚ドローは飴ソルガレオの可能性を大きく高めるために採用。

 

・「ジャッジマン:1」

ビーストリング持ってそうだなーとかハンド多いなーとなる中盤以降に打つ。たまに先1ジャッジマンの誘惑にかられるが最近ない。

 

グッズ:16

・「ハイパーボール:4」

ソルガレオをたてるには必須カード。SMになってからは2枚トラッシュがデメリットと感じる場面が多い。

 

・「ネストボール:3」

タネを並べる。これが序盤にくるか来ないかでソルバーストGXのプランが大きく変わる。終盤腐るが、4枚ほしいっちゃほしい。

 

・「タイマーボール:1」

1回しか打たないので1枚。これは正解だった。コイントス2連裏がでたことがないので味をしめているカード。

 

・「ふしぎなアメ:4」

基本的にはコスモウム経由しないで早くたてたほうが強いから4。先2ソルバーストGX打ちたい侍。

 

・「フィールドブロアー:1」

2枚欲しい!

 

・「レスキュータンカー:1」

2枚欲しい!

 

・「こだわり鉢巻:2」

結界キュウコンディアルガにつけるカード(たまにテテフGX)。ソルガレオにつけると一応ミラーには強くなるけど、基本的に確定数変わんないからつけない。なので2枚。

 

エネルギー:14

・「鋼エネルギー:8」

7枚だとソルバーストGXが打てなかったり、終盤枯渇するので8枚。

 

・「水エネルギー:2」

結界キュウコンにつける用。最悪ソルガレオにつけても腐らないので2枚。

 

・「ダブル無色エネルギー:4」

ウルトラロードソルガレオ以外必須(こいつにもよくつけるが)なので4枚。vsジュカインのときには二子玉2枚ついたたてがみソルガレオがよく生まれる。

 

~結果~

予選:4勝1敗(7位)

決勝トーナメント:2回戦敗退(ベスト8)

 

結界キュウコンやターボストライクを経由するなど時間がかかる試合も多かったのが反省かなぁ。

 

~振り返って~

グズマ4枚欲しい場面が多すぎた。抜くならディアルガかなぁという感じです。あと炎デッキとやりたかった。結界キュウコンの選択が正しかったのかが確定しなかった…。

といった感じです。

ただ、ダダリンのアンカーショット、テテフGXのカプキュアーGX、カプ・コケコのライトニングボール以外いろんな技をつかえるので無駄は少ないですかね(本当か?)。

25分のCLには不向きかなーと思うので仮に二次募集するならよく考えないとなーって感じです(新弾もでますしね)。

 

そんな感じです。何度も対戦してくれたサークル員のみんなに感謝しています。

 

ここまでの長文ご覧いただきありがとうございました!(3000字超えちゃった)(レポートだったらなぁ)

それでは!